ローテーブルをお洒落に使うには

subpage1

ローテーブルにも様々な種類があり、使う目的によっても適切なものは異なります。

自分がどのように使用していくのかなどライフスタイルをしっかり把握してから、選ぶようにするのが重要です。


食卓兼用で床座で使いたいと考えている人は、床から天板までの高さが30〜35cm位のローテーブルが適しています。引き出しや物置きなどが付いているタイプのものもありますが、脚を伸ばして使いたい人には邪魔になります。


どういうスタイルでくつろぐかも考えながら選ぶようにしましょう。

こだわりのローテーブル情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

基本的には体に合う高さとバランスが取れたものが良いとされています。

書き物もしたりする人には、ソファ座りでも使いやすい、ちょっと高さがあるローテーブルが適しています。



具体的な高さとしては38cmが望ましいですが、実際のところソファの座面と同じか、もしくは少し高めのものにすることで動作がしやすくなります。


ローテーブルは空間を広く見せことが出来る特徴を持っています。
また、モダンな雰囲気を引き立たせてくれるので全体の雰囲気がお洒落になります。



このとき、20cm以下のものがお勧めと言われていますが、実際に使用してみるとコーヒーテーブルとして使用したい人にはかがんで使用することになるので適していません。
コーヒーテーブルとして使用したいと考えている人には、アーム部分に置き場所があるものや、サイドテーブルをソファ横に置くことで快適に過ごすことが出来るようになります。