ローテーブルで心地良い部屋作り

subpage1

自分らしい家、住みやすく心地良い部屋作りにとって、家具選びは、最も重要で気合いの入るポイントです。

家族構成や部屋の広さなどによって、必要となる家具も違ってくるかとは思いますが、ダイニングルームやリビングルームにあると便利な家具といえば、テーブルや椅子、ソファーなどでしょうか。


その中でも、近ごろ人気でお勧めのアイテムと言えば、ローテーブルです。

知って納得のローテーブルに関する情報をすばやく探せます。

ローテーブルと一言で言っても、いろいろなタイプがありますが、定義としては、高さが35−40センチメートルのテーブルのことを指します。ローテーブルの一番の魅力は、高さの低い家具を置くことにより得られる、空間を広く見せる効果があることです。


これは、狭い部屋に住んでいる人にとっては、とても重要なポイントになります。
また、昔から、床に座る文化のあった日本人にとっては、寛げる場所作りという観点からも、取り入れやすいアイテムではないでしょうか。


ローテーブルを囲んで、家族や友人と語らいながらのご飯なんていうのも楽しいです。



また、ローテーブルは工夫次第で使いかたも色々という魅力もあります。



敢えて、部屋の片隅に置いて、インテリアとして活用させたり、テレビ台として使ったり。

また、高さが低いので、子どもや高齢者が使いやすいというメリットもあります。

子どもがお絵かきをしたり、宿題をしたりするときに、積極的に使うテーブルとしても重宝します。

テーブルを囲んでみんなが寛げる部屋はとても魅力的です。