ダイニングテーブルの選び方

subpage1

ダイニングテーブルはインテリアの柱になるアイテムです。

ソファやリビングテーブル、サイドボード等とは異なり、ダイニングテーブルだけはどこの家庭にも必ずあるものです。家族団らんの中心にあるもの、そしてお客様を招く時にもなくてはならぬもの。

ダイニングテーブル情報をご紹介いたします。

食事をするだけでなく、お茶を飲んだり団らんしたり、お子さまが宿題や勉強をする場になることもあるでしょう。


家にある家具の中で、もっとも存在感のあるもの、それがダイニングテーブルだと思います。

そんなダイニングテーブルは、どんなポイントで選べばよいでしょう。
■サイズ■形■材質大きくわけてこの3つになるのではないでしょうか。

まずサイズです。

スペースに余裕がない場合は120〜130?のサイズが一般的です。

余裕がある場合は150cmサイズですとゆとりが出てくるでしょう。


そして形。

一般的には長方形のタイプが殆どですが、正方形もカフェ風で素敵ですね。



そして円テーブルは、みんなで食卓を囲む楽しい雰囲気を演出できるテーブルです。


次に材質。


一番多いのは木製です。

あたたかみのある木のテーブルは心を和ませます。
最近は木の質感をそのまま味わえるオイル仕上げのものが増えてきました。ガラステーブルや金属製のテーブルもありますが、やはり木のテーブルは心を落ち着かせるお薦めアイテムです。


以上3点のポイントで一番悩ましいのは「サイズ」だと思います。

今は小さいテーブルでいいと思っていても、家族が増えたりお客様が大勢いらしたりしたときに困ることがありますよね。

そういう時にお薦めなのが「伸長式テーブル」です。

必要に応じて両サイドを引き出すことでサイズを変更できます。



また、最近は「兼用脚テーブル」というものも登場しました。

脚の向きを変えることで、ダイニングテーブルを座卓に変身させるのです。椅子なしで床に座れば、何人でも囲むことができますね。
生活スタイルに応じて、楽しく選んで下さい。